携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20121028_151185.html

注目のビジュアル

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

さらに色香を増した井上和香(34)

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


米国AVモザイクなし解禁 日本でも2050年完全自由化の流れか

2012.10.28 15:59

 AVの審査機関・日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)の前身である「成人ビデオ自主規制倫理懇談会」が設立されたのは、1972年のこと。当時のわいせつ基準は「ヘアもアナルもNG」「モザイクは濃いめ」。ピンク映画やAVでの性交シーンやオーラルセックスシーンでは、何をしているのかわからないような状態だった。

 それから40年、ヘアとアナルは完全に解禁され、モザイクは限りなく薄くなった。慶応大学法学部教授で日本コンテンツ倫理協会の評議員会議長も務める小林節氏は2050年のわいせつ基準をこう予測する。

「アメリカではFBIの調査でポルノと犯罪の因果関係が明確に否定されたことを受け、モザイクなしが解禁になりました。日本もアメリカにならって徐々に解禁に向かい、2050年には完全に自由化されているでしょう」

 そもそもネットではすでに無修整動画が簡単に見られてしまうご時世。今後、AVはどうなるのか。

「無修整の過激なAVがどんどん配信される一方で、“見えすぎるのもつまらない”と、あえてモザイクで隠すような日本的なAVを好むファンも残るはず。蒼井そらが中国人を魅了しているように、2050年になっても日本のAVが世界で独自の地位を保っている可能性は高い」(AVライター・沢木毅彦氏)

※週刊ポスト2012年11月2日号


人気ランキング

1.
高橋英樹に罵倒された蛭子能収に「高橋さんは苦手?」と直撃
2.
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか
3.
破廉恥教師 校内性行為で停職3か月、下半身露出が停職6か月
4.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
5.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
6.
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
7.
今年流行“モノキニ”水着姿の23才女性「セクシーでしょ?」
8.
高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤
9.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
10.
トヨタが虎の子技術を中国生産に「技術流出は織り込み済み」

今日のオススメ

提供元一覧

うの 樫木やせ DVDでできる簡単16エクササイズ

太平洋戦争 最後の証言 第3巻

ぎん言-ぎんさんが娘4姉妹に遺した名言-

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。