• TOP
  • 特集
  • 男が女より3700万人多い中国で大人のオモチャバカ売れ

特集

2010.09.27 15:04  週刊ポスト

男が女より3700万人多い中国で大人のオモチャバカ売れ

 日本のアダルトグッズメーカー「メルシー」社長で、秋葉原に5階建てのセックスショップ「ラブメルシー」を建てた高橋さなえ氏は中国の躍進を語る。

「世界の工場の異名に違わず、中国はアダルトグッズ界でも大きな役割を占めています。今後は製造面だけでなく、消費面でもネット販売を中心に拡大するでしょう」

 もっとも高橋氏は苦言を呈するのを忘れなかった。

「まだまだ中国のセックスビジネスは過渡期。コスプレなんかはまだ意識が未熟ですね。それと権利意識の希薄さには驚かされます。ウチの大ヒット商品“オルガスター”や“フェアリー”も、中国で粗悪なコピー品が出回って閉口しているんです」

『中国セックス文化大革命』(新潮社刊)の著者である邱海涛氏は中国のアダルトグッズマーケットをこう分析した。
 
「大人の玩具市場の年間売り上げは500億元(約6250億円)以上に達しているといわれています。子ども向け玩具の売上げが300億元ほどですから、いかに大人の玩具の人気が凄いかを理解していただけるでしょう」

 さらに北京の現地ジャーナリストはしみじみといった。

「07年の時点で中国の男性人口は女性より3700万人も多い。アダルトグッズは妻や彼女にあぶれた、哀しい男の欲求を満たす窮余の一策でもあるんです」

※週刊ポスト2010年10月1日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス