芸能

嵐・大野から注目してもらうにはうちわに「釣って」と書く

 いまやプラチナチケットとなっているアイドルグループ・嵐のライブチケットだが、ライブを楽しむまでには、「チケット入手のコンサート」「グッズ持ち込みを含めた各種ルールの遵守」など、様々な関門が待ち構えている。これらをクリアし、いよいよ夢にまで見た嵐のライブがスタート! だが、ここでもファンの中で浮かないためのルールをマスターしておく必要がある。

 基本的にMC中に叫ぶのは厳禁。叫ぶファンは新参者と見なされ、白い目で見られる。デビュー当時から追っかけをしている50代主婦は語る。

「昨年、最後の挨拶中の叫び声がすごくて、ニノが“ちょっとごめん、いま俺しゃべってるから”といったことがあったんです。古参には許せないでき事でした」

 メッセージが書いてあるうちわを見かけると、大野はそのうちわに向かって「あなたに!」というように指をさし、ピースをしてくれる確率が高い。ちなみに趣味が魚釣りの大野。「釣って」と書いてあるうちわを持ってる人には、釣りのポージングをしてくれる。

 今年初お目見えだったのがウオーターキャノン砲。曲に合わせて会場に水が噴き上がると、熱い空気が一気にひんやり気持ちいい夜風になった。

「でもアリーナ席は通り雨に打たれたようにびしょ濡れ状態。みんなグッズで販売されていたフードつきタオル(2800円)を一斉にかぶりました」(ファン歴5年の40代主婦)

 ツアーの演出は事務所社長やスタッフ任せでなく毎回メンバーが中心に考えるという。

 場外には、いわゆる「音漏れ組」も1万人以上いたといわれている。会場の近くにある明治公園内ではシートを広げお祭り気分で、キャンプ用のテーブルセットを広げたりする人も。コンサートが始まると、ツアーTシャツを着用し、音に合わせてノリノリで踊るファン多数。

「会場外もコンサートさながら。なんか妙ーな一体感が生まれるんですよね(苦笑)。もちろん5人には会いたかったけど、せっかくだから楽しまなくちゃ!」(女子高生)

 一方でこれが近隣住民の間で問題化しているが、これに対してもファン同士でマナーを注意しあうなどしている。

※女性セブン2010年9月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン