• TOP
  • 特集
  • 占い師になった元ポルノ女優・水原ゆう紀「また脱いでもいい」

特集

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

占い師になった元ポルノ女優・水原ゆう紀「また脱いでもいい」

 清純派歌手から映画女優に転身し、79年、日活『天使のはらわた』でヌードを披露したのは水原ゆう紀(1953年生まれ)。翌年の『痴人の愛』では大胆なSEXシーンで話題を集めた。94年にヘアヌード写真集を発表して以降メディアで名前を見ることは少なくなかったが、なんと「占い師」に転身していた。水原本人が語った。(週刊ポスト2003年9月5日号より)

「ようやく念願がかない、静岡県の伊豆急行・伊豆高原駅前に『水原ゆう紀のヒーリングスペース』という占いのお店をオープンしたんです。お客さんは女性が多いので、私のことは知らないみたい(笑い)。

 8年ほど前からヒーリングやアロマテラピーを勉強していて、その後に占いに興味が移って占いの学校にも通ったんですよ」

 占いの仕事のない日には静岡県伊東市の自宅近くの畑で野菜を育てたり散歩したり。気ままな田舎暮らしを満喫中だという。

「女優を辞めたわけではないのですが、映画が衰退してしまったので。でも、いい役があればまたやりたいですね。ストーリーの中で自然な流れがあれば、また脱いでもいいですね」

 なお、『水原ゆう紀のヒーリングスペース』ではパワーストーンの販売や、タロット占いなども行なっている。

関連記事

トピックス