• TOP
  • 芸能
  • 高島彩 ゆず北川に「着ぐるみ着せられて泣きたく…」と愚痴

芸能

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

高島彩 ゆず北川に「着ぐるみ着せられて泣きたく…」と愚痴

 7年半にわたり務めた『めざましテレビ』のキャスターを卒業し、2010年いっぱいでフジテレビを退社することを発表した高島彩アナ。交際中の人気デュオ『ゆず』の北川悠仁との結婚へと進むことになりそうだが、本誌は4年前に決定的な写真をカメラにおさめていた。(週刊ポスト2006年8月11日号より)

「あーあ、4時から仕事なの、嫌になっちゃう」

「この前の収録でさ、着ぐるみ着せられて泣きたくなっちゃった」

 06年7月26日、平日のお昼頃、カレーライスを食べながら駄々っ子のように甘えた声で男性に話しかけていたのはフジテレビの看板アナ、アヤパンこと高島彩アナ(当時27)。

 白いTシャツにジーンズ、髪は後ろで束ねて、黒縁メガネと、実にリラックスムード。それもそのはず、男性は噂の恋人、人気フォークデュオ『ゆず』の北川悠仁(ゆうじん)(当時29)なのだ。

 さかのぼること3時間前。『めざましテレビ』の生放送を終えたアヤパンがフジテレビを出て真っ先に向かったのが、渋谷区内にある体育館。ここでは北川が所属するバスケチームが練習中。 午前3時と早起きしたアヤパン、眠い目をこすりつつ愛しの彼の応援に行ったのかと思いきや、なんとジャージに着替えて自らも練習に参加。北川と一緒に汗を流す姿が実にさわやか。

 2時間半ほどの練習を終えると、アヤパンカップルは近くの喫茶店で冒頭のランチデートを開始。緩んだ口元に下がった目尻、そして恋をするオンナ独特の瞳。テーブルから身を乗り出すようにしゃべる姿は見ていて妬けてくるほど。対する北川は外見こそ無精ひげを伸ばし、ワイルドなイメージながら、おノロケモード全開のアヤパンを前に、

「今度またうちに来る? ほんとに来る? 買い物も付き合ってよ」

 と、慣れた様子で次回のデート計画を相談していた。このように、退社を宣言する4年前から変わらず仲良さげだったのだ。

関連記事

トピックス