• TOP
  • 特集
  • 「万誘婬力」により、快楽のみを追い求める男はやがては死ぬ説

特集

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

「万誘婬力」により、快楽のみを追い求める男はやがては死ぬ説

 2002年から『週刊ポスト』で連載の続いた人気SEXコミック『×一(バツイチ)』が10年9月3日号をもって連載終了となった。同作は、浮気が原因で離婚をした主人公・三田村洋介(37)が、様々な女性との性行為を繰り返し、テクニックを磨いていくコミック。美しい女たちが洋介のテクに悶えるシーンが毎週のように続出していた。そんな8年間のご愛読感謝企画として洋介の“愛の名場面”ベスト5(選者:ゴールデンセックスマン氏)を振り返る。パート3は元妻・市原悦子との本能プレイだ。(週刊ポスト2010年8月27日号より)

 部長の若妻・豊川志保との不倫に溺れた洋介は、すべての男を虜にするという志保の「万誘婬力」によって、快楽のみを追い求め、やがては死を迎えるという「婬満シンドローム」に陥ってしまう。

 そんな洋介を救うべく立ち上がったのが元妻・市原秀子。秀子は薬によって眠らされた洋介を献身的に愛撫。すると洋介は無意識のまま秀子を攻め始め、2人は「フィニッシュ」を迎える。洋介の目には涙……。

 秀子の「治療」によって症状を克服した洋介は志保との不倫を断ち、その後、部長夫妻のセックスレス解消に一役買ってみせた。

単行本10巻収載

関連記事

トピックス