• TOP
  • 特集
  • セクハラ女支社長 左遷男性社員の大事な部分を足で弄ぶ

特集

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

セクハラ女支社長 左遷男性社員の大事な部分を足で弄ぶ

 2002年から『週刊ポスト』で連載の続いた人気SEXコミック『×一(バツイチ)』が10年9月3日号をもって連載終了となった。同作は、浮気が原因で離婚をした主人公・三田村洋介(37)が、様々な女性との性行為を繰り返し、テクニックを磨いていくコミック。美しい女たちが洋介のテクに悶えるシーンが毎週のように続出していた。そんな8年間のご愛読感謝企画として洋介の“愛の名場面”ベスト5(選者:ゴールデンセックスマン氏)を振り返る。パート4は女上司・根元彩子との前戯だ。(週刊ポスト2010年8月27日号より)

 仕事でミスをし、京都支社へ飛ばされた洋介を待っていたのはセクハラ支社長・根元彩子。赴任以来、職場や宴席で二度も弄ばれた洋介だったが、歓迎会の席で三度、攻められる。

 彩子は同僚たちの目が及ばぬテーブル下で洋介のファスナーを下ろし、剥き出しになったナニを足指で激しくしごき立てる。

 だが、ここで洋介が逆襲! 洋介も足指を使って彩子の敏感な部分を刺激。洋介の巧みな「足技」により、「絶頂」を迎えようとした彩子だったが、洋介はこれまでの仕返しといわんばかりに「寸止め」をお見舞いするのだった。

単行本11巻収載

関連記事

トピックス