• TOP
  • 特集
  • 傷心旅行で出会った男女二人 自殺回避し翌朝「裸エプロン」

特集

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

傷心旅行で出会った男女二人 自殺回避し翌朝「裸エプロン」

 2002年から『週刊ポスト』で連載の続いた人気SEXコミック『×一(バツイチ)』が10年9月3日号をもって連載終了となった。同作は、浮気が原因で離婚をした主人公・三田村洋介(37)が、様々な女性との性行為を繰り返し、テクニックを磨いていくコミック。美しい女たちが洋介のテクに悶えるシーンが毎週のように続出していた。そんな8年間のご愛読感謝企画として洋介の“愛の名場面”ベスト5(選者:ゴールデンセックスマン氏)を振り返る。パート5は森崎美代子とのコスプレプレーだ。(週刊ポスト2010年8月27日号より)

 傷心旅行に出掛けた洋介が旅先で出会ったのは同じく傷心旅行中の森崎美代子。洋介は美代子の自殺を食い止め、2人はそのまま一夜を共にする。別れ際、再び会えたら付き合うことを約束した2人は、その後、東京で再会。交際、同棲を始める。

 初日、裸でベッドから目覚め、朝食を作ろうとする美代子に洋介はあるお願いを提案。それが「裸エプロン」だった。微妙に見え隠れする胸やお尻に興奮した洋介は美代子を後ろから襲う。我慢できなくなった美代子も料理を止めて、2人は朝から激しく求め合うのだった。

単行本17巻収載

関連記事

トピックス