国内

VOGUE登場の蓮舫氏に佐藤ゆかり氏と片山さつき氏が異議唱える

 政府の事業仕分け第3弾を10月下旬に控え、“仕分けの女王”こと、蓮舫・行政刷新担当大臣(42)の周辺が騒がしい。

 自民党の佐藤ゆかり議員(49)は、「とんでもないことです。国を背負う責任ある役職にお立ちいただくことはできない」と語って蓮舫大臣の辞任を要求。同じく片山さつき議員(51)は、参議院本会議の代表質問で取り上げ、

「事業仕分けで商店街対策(の費用)を削られて泣いている人が全国にいます。その仕分けをしたかた(=蓮舫大臣)が、百数十万円のドレスを取っ換え引っ換えしているのを知ったら、商店街の人たちはどう思うのでしょうか」と皮肉たっぷりにいった。

 いずれも『VOGUE NIPPON』11月号(9月28日発売)に掲載された写真をめぐる発言だ。同誌は5ページにわたって蓮舫大臣を特集。作家・重松清氏(47)によるインタビューとともに、国会議事堂内で撮影された蓮舫大臣の写真を掲載した。

 さすがは元クラリオンガール。そこには大理石がふんだんに使われた議事堂内の回廊を背景に、ハイブランドを巧みに着こなす蓮舫大臣の姿が。写真キャプションにジャケットやブラウス、スカートなどのブランド名と価格が明記されているが、その額、合計131万2500円。もちろん、『VOGUE』誌側が用意したものだが、確かに“取っ換え引っ換え”ではある。

 が、これが問題になった。国会担当記者は語る。「国会の規則で、議事堂内では本来、私的活動や営利目的の撮影は禁止されています。蓮舫大臣は『政治活動の一環』として許可を得ていますが、ブランド名や価格の表示は営利を前提にした宣伝であり、ファッション誌への掲載は、政治活動ではなく、私的活動であるというのが、批判派の見方です」

 蓮舫大臣は「懸念を抱かせたとすれば率直にお詫びする」と表明しているが、自民党では谷垣禎一総裁も「ふざけている!」と一喝。今後、蓮舫大臣が国会で追及される場面も予想される。

※女性セブン2010年10月28日号

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン