国内

VOGUE登場の蓮舫氏に佐藤ゆかり氏と片山さつき氏が異議唱える

 政府の事業仕分け第3弾を10月下旬に控え、“仕分けの女王”こと、蓮舫・行政刷新担当大臣(42)の周辺が騒がしい。

 自民党の佐藤ゆかり議員(49)は、「とんでもないことです。国を背負う責任ある役職にお立ちいただくことはできない」と語って蓮舫大臣の辞任を要求。同じく片山さつき議員(51)は、参議院本会議の代表質問で取り上げ、

「事業仕分けで商店街対策(の費用)を削られて泣いている人が全国にいます。その仕分けをしたかた(=蓮舫大臣)が、百数十万円のドレスを取っ換え引っ換えしているのを知ったら、商店街の人たちはどう思うのでしょうか」と皮肉たっぷりにいった。

 いずれも『VOGUE NIPPON』11月号(9月28日発売)に掲載された写真をめぐる発言だ。同誌は5ページにわたって蓮舫大臣を特集。作家・重松清氏(47)によるインタビューとともに、国会議事堂内で撮影された蓮舫大臣の写真を掲載した。

 さすがは元クラリオンガール。そこには大理石がふんだんに使われた議事堂内の回廊を背景に、ハイブランドを巧みに着こなす蓮舫大臣の姿が。写真キャプションにジャケットやブラウス、スカートなどのブランド名と価格が明記されているが、その額、合計131万2500円。もちろん、『VOGUE』誌側が用意したものだが、確かに“取っ換え引っ換え”ではある。

 が、これが問題になった。国会担当記者は語る。「国会の規則で、議事堂内では本来、私的活動や営利目的の撮影は禁止されています。蓮舫大臣は『政治活動の一環』として許可を得ていますが、ブランド名や価格の表示は営利を前提にした宣伝であり、ファッション誌への掲載は、政治活動ではなく、私的活動であるというのが、批判派の見方です」

 蓮舫大臣は「懸念を抱かせたとすれば率直にお詫びする」と表明しているが、自民党では谷垣禎一総裁も「ふざけている!」と一喝。今後、蓮舫大臣が国会で追及される場面も予想される。

※女性セブン2010年10月28日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン