• TOP
  • 特集
  • 男は下心を出し、女はスキを見せるとモテるらしい

特集

2010.11.09 10:00  女性セブン

男は下心を出し、女はスキを見せるとモテるらしい

 漫画家のマキヒロチ氏は「モテる人の境界線」や「女子のひとりHがタブー視される理由」などをこれまでに分析してきたが、今回は「モテない人がなぜモテないか」を考察してくれた。

 マキ氏は恋愛事情に詳しい友人に「モテる人とモテない人の違いって何かなー」と聞いてみたところ、その友人は「モテる女はスキのある人で、モテる男は下心が見える人だと思う」と答えた。 

「スキのある女」がモテるのは理解しやすいが、「下心が見える男」とは一体なぜか? その心は、「仕事でも恋でもなんでもそーだと思うんだけど、『この人何がしたいんだろう?』って人嫌じゃない? こっちはオシャレして期待してデートしてても、毎回何もいわれず終わったら萎えると思うんだよねー」というところにある。

 つまり、女性が男性とふたりで会っているというのは女性も相当、男性を意識しているというのに、男性が「じゃあまたねー」などと電車のある時間に何も手出しをすることなく帰ってしまった場合など、女性は萎えてしまうというのだ。もちろん最初は手出しをしないのがむしろ紳士的だろうが、何回も会っているというのにこれが続いた場合、女性は「脈ナシ」と判断し、別の男性に乗り換えてしまう。

 というわけで、女はスキを見せ、男は下心を見せるとモテるらしいですぞ。

※女性セブン2010年11月18日号

関連記事

トピックス