特集

最新特集記事のRSS

娘が「臭い!」と言うのは近親相姦防ぐため 父親は安心してね

2010.11.27 17:00

 女性たちは驚くほど「匂い」に敏感だ。男性では気がつかない些細な香りもたちまち気づいてしまう。それは生物としての遺伝子プログラムに組み込まれた「本能」だった。嗅覚に関して興味深い研究がある。イギリスの科学誌『ニューサイエンティスト』に、「家

 女性たちは驚くほど「匂い」に敏感だ。男性では気がつかない些細な香りもたちまち気づいてしまう。それは生物としての遺伝子プログラムに組み込まれた「本能」だった。嗅覚に関して興味深い研究がある。イギリスの科学誌『ニューサイエンティスト』に、「家族はお互いの体臭に敏感で、赤の他人の体臭よりも嫌う」という調査結果が掲載された。

 これはウェイン州立大学の研究チームが発表したもの。調査は6歳から15歳までの子供がいる25組の家族を対象に行なわれ、3日間着続けたTシャツの匂いについて、それぞれの家族のものと他人のものとを識別させた。つまり家族が着たシャツと、見知らぬ他人が着たシャツを、匂いだけで判断するという実験だ。

 結果は、父母は子供のシャツを匂いだけでほぼ識別でき、子供も父親のシャツはすべて識別できたそうだ。しかし、匂いの好き嫌いに関しては、意外にも他人のシャツの匂いのほうを好むとの回答が圧倒的。特に母親が息子の匂いを、娘が父親の匂いを嫌うケースが多かったという。また、異性のきょうだい間でもお互いの匂いに対する嫌悪が見られた。

 この結果は「近親相姦を防ぐためのメカニズムではないか」と推測されているようだ。よりふさわしい(強い子孫を残せる)相手を選ぶように我々はできているのである。

 娘から「臭い」といわれても、自分を責める必要はないようだ。

※週刊ポスト2010年11月26日・12月3日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP