• TOP
  • 特集
  • 韓国製バイブは何十種もの使い方ができる画期的なドーナツ型

特集

2010.11.29 17:00  女性セブン

韓国製バイブは何十種もの使い方ができる画期的なドーナツ型

 ドイツの首都・ベルリンにて10月21日から4日間にわたって開催された世界最大のアダルト国際見本市「ヴィーナス・ベルリン」。雑誌やWEBサイトなどの恋愛&セックス系の記事を担当するロマンスライター・ピンク先生が、世界60か国からアダルト関連会社約300社が集結したこの祭典に潜入! そこで見た、奇想天外なバイブとは?

 * * *
 性欲は、食欲と並ぶ非常に大きな欲求だが、日本では情報を入手しようとすると白い目で見られたり、なぜか後ろめたい気持ちが邪魔したりして、女性がその欲求を満たすのは難しい。

 しかし、海外では『セクスポ(オーストラリア)』、『エロチカLA(アメリカ)』など各地でエロに関するさまざまな展示会が行われている。そこには女性の性欲や興味を満たす情報もきっとあるはず…と、世界最大規模の『ヴィーナス・ベルリン』へGO!

 会場内は、「ショーエリア」「プロフェッショナルエリア」「フェティッシュエリア」「ウエブエリア」とフロアが分かれており、入り口すぐのバーでドイツビールをラッパ飲みして、まずは「プロフェッショナルエリア」へ。

 ここはビジネス用のスペース。アダルト・グッズメーカーの最新作がズラリ並んでいる。「ジニー」という韓国のバイブブランドのブースでは、高級ブランドのアクセサリーBOXのような仰々しい箱にはいった不思議な形のバイブを勧められたが、使い方がわからない。

 というか、バイブになんてまったく見えない! 大きさも形もまるでドーナツなのだ! カラフルなそのドーナツ形のバイブは、男女兼用で恥骨の上に置いたり、ペニスにはさんだり、耳や頭に当てたり、何十種もの使い方ができる画期的なもの。日本でバイブというとペニスの形をした女性に入れるものを想像するが、世界のバイブは暮らしに溶け込むスタイリッシュなデザインになっているようだ。

※女性セブン2010年12月9日号

関連記事

トピックス