ビジネス

個人投資家にはツイッターと「夜のトレード大会議」が便利

 最近ツイッターを情報収集のツールにする投資家が増えている。具体的な利用法を金融ジャーナリストの鈴木雅光氏が解説する。

 * * *
 プロの投資家であれば、ディーラー仲間と絶えず連絡を取り合い、それぞれがどういうポジションを持っているのかという腹の探りあいをすることもできるが、個人投資家の場合、なかなかそれが難しい。

 でも、ツイッターを使えば、自分以外の個人トレーダーや、プロトレーダーが今、どういうポジションを取ろうとしているのかということも含め、リアルタイムで情報を収集できる。これは、個人トレーダーにとって、大きな武器になるはずだ。

 なお、フォローしている人の数が多くなると、自分のタイムライン上に流れるツイートがどんどん増えて、ひとつひとつの呟きを追うのが難しくなってしまう。なので、投資関連、FX(外国為替証拠金取引)関連など、関心のあるツイートだけをひとまとめにして「リスト」を作成しておくと良い。

 あとは、リストのフォルダを開けば、投資関連、あるいはFX関連だけのツイートを読めるようになる。誰でも簡単に作れるので、特にこれからツイッターを始める人は、最初からリストを作成しておくと良いだろう。

 また最近では、ラジオNIKKEIの「夜のトレード大会議」のように、米雇用統計発表前後のマーケット動向を、Ustreamという、ツイッターと連動した画像配信を用いて、リアルタイムで伝えるメディアも登場している。

 ツイッターを使った投資はまだ広がっていきそうだ。
 
※マネーポスト2011年1月号

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン