• TOP
  • 特集
  • 色白女性のほうが感度良好と8330人の女性器見た人物説明

特集

2011.01.03 17:00  週刊ポスト

色白女性のほうが感度良好と8330人の女性器見た人物説明

 女性8330人を臨床するという、尋常ならざる情熱で日本人女性の外性器を研究したドクターKは、肌の色と外性器の関係についても調査を行なった。その結論は次の通り。

〈私が多くの女性を調査した結果では、外性器から見た女性の魅力度という点では、どうしても色白に軍配をあげたくなる結果が出ています〉(以下、〈 〉内はドクターKの遺稿からの引用)

 まず、小陰唇について。〈小陰唇に色素沈着の少ない、すなわちピンク色の小陰唇の持ち主は、圧倒的に色白の女性に多い。また、小陰唇全体に強く色素沈着しているものは、色黒の女性に断然多い〉

 これは大陰唇も同様だという。また、色白ほどお尻が上がった女性が多く、逆に色黒の女性はお尻が垂れている傾向のあることが判明している。

 さらに〈色白の女性のほうが感度良好〉との結果も出た。〈横径が5mm以下の発育の悪いクリトリスは、色黒の女性が最も多く、それに比べて色白の女性は最も少なくなっている。逆に、7mm以上の発育良好のクリトリスは色白の女性に最も多い〉──。

 昔から、肌の色の白さは美人の条件とされてきたが、それは外性器にもいえるようだ。

※週刊ポスト2011年1月7日号

トピックス