• TOP
  • 特集
  • 精神的な官能感とぬるぬるした感触が快感をもたらす乳首刺激術

特集

2011.02.09 17:00  週刊ポスト

精神的な官能感とぬるぬるした感触が快感をもたらす乳首刺激術

 35万部を突破したベストセラー『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』著者として知られる産婦人科医の宋美玄氏。彼女が今回、講義するのは乳房の愛撫術である。

 * * *
 指での愛撫のみならず、もちろん「口」を使っての愛撫も非常に有効です。

 口での愛撫は、唾液がローションの代わりをしますので、指での愛撫に増して繊細で柔らかなタッチが可能になります。乳首を包み込むように口を当て、息が漏れないように吸うのがコツです。息を漏らさないようにすることで、吸引圧を無駄なく乳首に伝えられ、女性に大きな快感を与えることができます。

 さらに、唇を乳首に密着させたまま、舌先で乳首の先端を刺激すれば、側面とトップの両方を同時に刺激することが可能です。

 個人の嗜好にもよりますが、女性の中にはペニスの先で乳首を刺激されると興奮するという女性もいます。精神的な官能感とともにカウパー腺液がローションの役割を果たし、ぬるぬるとした感触が快感をもたらします。

※週刊ポスト2011年2月18日号

関連記事

トピックス