• TOP
  • 特集
  • 早漏男性にピッタリなうつ伏せバック 美人女医の新体位

特集

2011.03.20 15:59  週刊ポスト

早漏男性にピッタリなうつ伏せバック 美人女医の新体位

カリスマ産婦人科医として名を馳せる宋美玄医師。著書『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)は、35万部の大ベストセラーとなった。彼女が考案する、豊富な知識と理論に裏付けられた「新しき体位」とはどのようなものなのか――。

* * *
後背位(バック)は男性に人気の体位ですが、自分でピストンの速度を決められるために、つい独りよがりになりがちです。顔を見合わせるコミュニケーションがとりにくいため、女性にとっては不満を覚えるケースも多い。そこで、後背位のワイルドな魅力を活かしつつ、男女のスキンシップを高める2つの体位を紹介します。

一つは、女性の片腕を引いて上半身を引きつける「綱引きバック」です。結合部の密着度が高まり、より深い挿入が可能です。そのためポルチオへの刺激も期待できます。女性の反応を見ながら「綱引き」の具合を細かく調整できる利点もあります。経験者はほとんどいないでしょうが、簡単である割に効果の大きい体位です。

もう一つ勧めたいのが「うつ伏せバック」。女性が脚を閉じてうつ伏せになり、男性が体重をかけて挿入していきます。激しいピストンはできませんが、挿入角度を調整すれば、Gスポットをじんわりと長く刺激できます。早漏に悩む男性にはピッタリの体位といえるでしょう。

この体位の特色は、膣以外への刺激。ピストン運動のたび、ベッドシーツで乳首やクリトリスが擦れるため、二重三重の快感を得ることができるのです。男性は背中や首筋など、普段見過ごしがちな女性の性感帯をしっかり愛撫してあげましょう。

※週刊ポスト2011年3月25日号

関連記事

トピックス