• TOP
  • 特集
  • 25歳綿あめ屋女 隣りの屋台の既婚男と神社裏で関係持つ

特集

2011.04.01 15:59  週刊ポスト

25歳綿あめ屋女 隣りの屋台の既婚男と神社裏で関係持つ

 マキは恋愛問題に詳しいカウンセラー。メールで女性の恋愛相談に応じているうち、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるように。今回紹介するのは、家事手伝いをしている25歳の女性からの告白だ。

 * * *
 ニートな私を心配した親が、町内のお祭りで綿あめ屋さんを手伝って来いって。イヤイヤ行ったんだけど、なんと隣の屋台の男性が私の好みドンピシャ! そしたら顔見知りの奥さんが、「うちのダンナなの」だって。「あ~あ。やっぱりいい男は結婚してるよなぁ」ってガッカリ。

 でもね、お祭りのあと、打ち上げで飲み会をしたら、奥さんは子供が熱を出したとかで、早く帰っちゃったの。そしたらトイレに立った私を彼が追いかけて来て、「どっか行こうか」と神社の裏。暗闇の中、ご神木につかまって後ろから挿された時は、もう夢中で腰を振ってた。

 でも翌朝の気分は最悪。お酒が入ってたとはいえ、奥さんのいる人と関係を持っちゃったんだもん。自己嫌悪もいいところ。「あとの祭り」ってこういうこと?

※週刊ポスト2011年4月8日号

関連記事

トピックス