• TOP
  • 特集
  • 63歳女性「どうしようもない淫乱です」「何人ともヤリたい」

特集

2011.04.16 15:59  週刊ポスト

63歳女性「どうしようもない淫乱です」「何人ともヤリたい」

ジャーナリストの山藤章一郎氏は最近、何人ものAV関係者の取材をした。以下、山藤氏によるレポートである。

 * * *
 日暮里駅前のカラオケ屋で、AVお嬢さまに会った。63歳、高畑ゆりちゃん。

 黒いスーツに黒のタイトスカート。脚は黒タイツにシャープなブーツ。肩にピンクのバッグ。5年前に離婚。子ども3人。デリヘル嬢兼務。10本のAVに出演している。最初は『熟女スター誕生』。これでグランプリを取った。

「私、Sなんです。されて喜ばない。してあげる。私のテクで男性が喜ぶの見ると、もう濡れ濡れ」

 ほんとですか? 還暦過ぎて?

「あら、疑うの? あなたね、女は気持ちよかったら濡れるの。私、エッチ好きだから。AV出るのも趣味と実益でなんの抵抗もなかったですよ。プライベートもひとりの人に決められないんです。何人ともヤリたい。いまの相手のいちばん下は24歳です。いい声出させて、悶え狂わせてます」
 
 カメラがまわってるときも、チンコしゃぶってると幸せだという。「ほんとに、どうしようもない淫乱体質なんです」
 
 人生で、セックスレスの一瞬は一回もなかった。ひたすら、ヤリまくってきたと、ゆりお嬢さま。23歳の娘と同居している。

 デリヘルのこともAV出演も、娘には話していない。娘も、自分が何をしているかいわない。「元気で生きていてくれれば何をしててもいいんですよ」

 ほかにも3人の子がいる。みな嫁いだ。みな、母親ゆりちゃんが何をしているのか、知らない。

※週刊ポスト2011年4月22日号

関連記事

トピックス