• TOP
  • 芸能
  • 風営法違反で逮捕の山口もえ夫 華やかではない火の車事情

芸能

2011.06.09 07:00  女性セブン

風営法違反で逮捕の山口もえ夫 華やかではない火の車事情

 女性に男性客を接待させる“キャバクラ”を無許可で営業していたとして、6月7日、タレント山口もえ(33)の夫である尾関茂雄容疑者(36)が、警視庁に風営法違反の容疑で逮捕された。

 結婚当時、尾関容疑者はアパレル系ネット会社『Zeel』の社長で、大学卒業後に起こした懸賞サイト会社を年商12億円の優良企業に成長させる才覚の持ち主で、ITセレブとして有名だった。しかし、その実態は華やかなものではなかった。

「結婚当初から尾関さんの会社の経営状況は厳しかったんです。尾関さんは再起をかけて、沖縄にダイニングバーを出店したんですが、これも1年ほどで頓挫しました」(飲食店関係者)

 その後、尾関容疑者はスピリチュアル活動にはまり、沖縄に長期滞在するようになり、ほぼ別居状態に。さらには、2008年12月には『Zeel』の社長を解任されてしまった。こうして家計は火の車となり、もえも出産後わずか2か月でテレビ復帰するなど、働くことを余儀なくされた。

 また、昨年7月には尾関容疑者に1億2000万円の横領疑惑問題が浮上するなど、生活は荒むばかりだった。そんな中、今年3月、夫婦には2人目の子供(長男)が誕生した。

「家族が増えれば彼も変わってくれる思いもあったのでしょう。しかし…、さすがにもえちゃんも、我慢の限界だったのか、最近は親しいスタッフに“子供が小学校に上がったら別れてもいい”なんていってたそうです」(芸能界関係者)

※女性セブン2011年6月23日号

関連記事

トピックス