• TOP
  • 特集
  • 「感触が違う! お前、浮気したな!」はホンマにナンセンス

特集

2011.06.15 15:59  週刊ポスト

「感触が違う! お前、浮気したな!」はホンマにナンセンス

「女性器」の仕組みについて知り尽くしているカリスマ美女医・宋美玄氏によると、男性にとって魅力的なのは「締まりのいい膣」だが、セックスを重ねることで膣圧を鍛えようとすることは、あまり有効とは思えないという。

 * * *
 オーガズムを得るためには、心身ともにリラックスした状態にあることが重要なんです。セックス中にペニスをギュッと締め付けようなどと考えとったら、本来の目的であるセックスの快感を得ることに集中できなくなる恐れがあるからです。

 さらにいわせていただくと、ペニスのピストン運動によって、女性の膣の形や、膣圧に影響を与えることは不可能です。

「セックス相手の男性のペニスの形にフィットするように、女性の膣の形は変形するんやて~」という話が男性の間でまことしやかに囁かれているようですけど、これは全くのウソ。膣の内部はメチャメチャ伸縮性に富んでいるから、ある一定の形をキープすることは困難なんです。それに、膣の内部は体調によって刻一刻と変化しますからね。

 いつもとパートナーの膣内の感触が違うからって、「俺の知らん間に他の男と浮気したんとちゃうやろな」と詰め寄るのはホンマにナンセンスな話なんです。

※週刊ポスト2011年6月24日号

関連記事

トピックス