• TOP
  • 特集
  • 41歳不倫男 22歳彼女に「全裸エプロンで朝飯」を真顔で懇願

特集

2011.06.17 15:59  週刊ポスト

41歳不倫男 22歳彼女に「全裸エプロンで朝飯」を真顔で懇願

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は、22歳フリーターからの報告だ。

 * * *
 両親が旅行中、41歳の不倫の彼を家に引っ張り込んじゃった。しかも3日も。だって、家でまったりDVD観たりして、普通のカップルみたいなことをしてみたかったんだもん。

 初日からたっぷりエッチしたその翌朝、彼ったらあらたまった顔で「お願いがある」っていうの。「全裸エプロンで朝ご飯を作って」だって。その姿を後ろから眺めていたいんだって。バカよね、ホントに。

 仕方ないからやったわ。でもお尻は丸見えだし、恥ずかしいったらない。案の定、料理の最中に、お尻を鷲掴みにして揉むわ、指先で何度も割れ目をなぞるわ。とうとうアレをペロンと出して立ちバックで挿入。とてもじゃないけどご飯を作るどころじゃなかった。

 でも、日常空間で犯されるのって、すっごく感じるのね。パパ、ママごめんなさい。だけど、夏休みもお留守番、しちゃおうかな?

※週刊ポスト2011年6月24日号

関連記事

トピックス