• TOP
  • 特集
  • 23歳青年 外でザリガニに性器挟まれ病院で治療中に射精す

特集

2011.06.21 15:59  週刊ポスト

23歳青年 外でザリガニに性器挟まれ病院で治療中に射精す

 昼寝をしていても、事件は突然起こるもの。ある暑い日、森の中の小川べりで裸になって昼寝をしていた。セルビアの23歳の青年に起こった事件とは――。

 * * *
 彼は激痛で目を覚ます。なんと彼のペニスにザリガニがしがみついていたのだ。なんとか引きはがそうとするも、ハサミをしっかり食い込ませていたザリガニはどうにも離れない。仕方なく彼は救急救命室に助けを求めたのだが、駆けつけた医師は幸か不幸か女性だった。

 案の定、彼女が食らい付いて離れないザリガニと格闘するにつれ、彼の性器はムクムクと勃起し始める。そして彼女がペニスに触れたとき、とうとう彼は射精してしまったのである。彼女の迅速な措置により彼のペニスは無事だったようだ。

※週刊ポスト2011年7月1日号

関連記事

トピックス