• TOP
  • 特集
  • R40女性の7割がSEXレス「触られるのもイヤ」と48才女性

特集

2011.06.30 15:59  女性セブン

R40女性の7割がSEXレス「触られるのもイヤ」と48才女性

 セックスレス化が進行しているといわれて久しいが、『マドンナ・ヴェルデ』(NHK総合)や『生まれる。』(TBS系)と中高年の妊娠が題材のドラマも話題。ホントのところはどうなの?

 R40世代の女性500人にアンケートを取ったところ、ここ1か月の間にセックスをしたという女性は30.4%。全体の約7割がしていないこととなり、やはりR40世代のセックスレス化は進んでいるようだ。

 セックスをしていない理由としては、既婚者では「夫が望まない」「疲れて面倒」「興味がない」「もう年だから」などが多いが、「子づくりが終わったからする必要がない」(45才・専業主婦)、「夫が嫌いで触られるのもイヤなので」(48才・パート、アルバイト)などの声も。

 なかには、「家庭内別居状態が15年」(46才・正社員)というシビアな人や、「共働きでふたりとも一日終わると疲れ切っていて、その気になりません。いざ、そんな気になっても、眠さが勝ってしまうことが多くて…」(45才・正社員)という人、「自分からしたいと思わないし、相手からも要求されない」(48才・契約、派遣)、「何となく、長い期間していないので恥ずかしくなって…」(50才・パート、アルバイト)という人も。

 未婚女性では、「彼がいない」という人が圧倒的だが、彼がいても、「しようと思わない」「セックスに興味を持てない」という既婚者同様の声もあり、相手の有無にかかわらずセックスに対する欲求や意識が低い傾向にあるようだ。

※女性セブン2011年7月14日号

関連記事

トピックス