• TOP
  • 特集
  • 外国人「モザイクつきAVいらん」「スク水に興奮の意味不明」

特集

2011.07.06 15:59  女性セブン

外国人「モザイクつきAVいらん」「スク水に興奮の意味不明」

 セックスレス大国なんていわれる日本だが、世界の人たちはどう見ているのだろうか。日本在住の外国人に集まってもらって、日本の性文化について聞いてみた。

【座談会参加者】
イタリア出身:ジェニーさん(27才女性)
カナダ出身:アンさん(24才女性)
ガーナ出身:ブライトさん(37才男性)
パキスタン出身:カリドさん(36才男性)
ルーマニア出身:ジェイカンさん(29才男性)

――まずは、日本に来て性文化の違いに驚いたことは?

カナダ「ビックリしたのは子供っぽい女の子が性的な対象となっていること。秋葉原のアダルトショップなんか行くと、スクール水着を着た若い女の子のDVDとか売ってるんだけど、これのどこに興奮するのか理解できない」

ガーナ「ボクの国にはAVはないの。セックスはもちろんするけど、隠れてこっそり。性に関してはオープンじゃない」

パキスタン「ボクが不思議に感じたのは、なんで日本のAVってモザイクつけるのかってこと。それならAVなんて必要ないと思った」

ガーナ「ホント? 逆にボクはモザイクあるほうがいろいろ想像できて好き」

一同「…」

イタリア「私が驚いたのはラブホテルね。すごいキラキラしてキレイだから最初はなんだかわからなかった。イタリアにはラブホテルなんてないですよ。みんな自分の家か彼の部屋でする」

ルーマニア「ルーマニアにもない。恋人同士だとどちらかの家か車ですることが多いかな。ホテルは特別な日に行くけど、ラブホテルじゃない」

イタリア「でも、ラブホってカップルが“いまからセックスしてきま~す!”って堂々といっているようなものでしょ? 泊まりとか休憩とか値段まで書いてあって…私は恥ずかしくて好きじゃない」

※女性セブン2011年7月14日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス