• TOP
  • 特集
  • 女性の性欲 「35~45歳の10年間がピーク」と婦人科医解説

特集

2011.08.31 15:59  週刊ポスト

女性の性欲 「35~45歳の10年間がピーク」と婦人科医解説

 松村圭子医師は成城松村クリニック院長。広島大学医学部卒。女性の内面と外面の「美」と「健康」をサポートする。高輪メディカルクリニック女性外来医長も務める。松村医師が「女の性欲」について解説する。

 * * *
 女性ホルモンの分泌は20~30代前半がピークで、35歳を過ぎると徐々に減少し50歳前後に閉経を迎えます。閉経前は、更年期障害により身体の不調を訴えたり、濡れにくいなどの理由から性交痛をともなうため性に積極的になれないかもしれませんが、更年期前の35~45歳までの10年間は性欲がピークに達します。先ほどの説明同様に女性ホルモンレベルが下がるので男性ホルモンの影響を受けやすく、性欲も高まるためです。

 では、1日のサイクルの中で、女性の性欲はどのように変化するのでしょうか。ここで鍵になるのが“明るさ”です。眠くなるときに脳の松果体から分泌される“メラトニン”というホルモンには性欲を高める作用のあることが動物実験で検証されています。

 メラトニンは物の色や形がぼんやりわかる程度のほの暗さのなかで最も分泌されやすいのです。このことから、夕方や夜、あるいは薄明かりの部屋の中で女性の性欲が高まるといえます。女性はしばしば、電気のついた明るいところで行為に及ぶのを避けがちですが、こうした女性ならではの体のメカニズムが作用しているのです。

※週刊ポスト2011年9月9日号

関連記事

トピックス