芸能

津川雅彦 兄・長門裕之を「はっきりいえばブスさ」と論評

 兄・長門裕之(享年77)と弟・津川雅彦(71)は、不思議な兄弟仲を見せ続けた。長門さんが亡くなって3か月、めったにインタビューを受けないことで知られる津川氏が、長門さんのラストインタビューを行なった吉田豪氏を聞き手に、兄弟の秘話を語った。

 * * *
――長門裕之さんと津川さんは兄弟の関係が面白いというか、兄弟仲がいいのか悪いのか全然わからないんですよ。

津川:うん、どっちとはいえないね。子供の頃は仲よく、役者になってから長い間仲悪く、晩年また仲よくなったから、まあ後味は良いよ。とても。

――津川さんに雑誌から電話が掛かってくると、背後で長門さんがコップを割ったりと、若い頃はライバル心も出てきたみたいですね。

津川:僕が『狂った果実』でデビューした16歳のときの話。人気の上で弟に追い越されて、兄として沽券に関わった訳さ。感情が激しやすい質だからね。長門裕之は、桑田佳祐が兄貴に似てるといわれる程、親近感の持てる顔なんだ。だから二枚目がモテるあの時代にはそぐわなかったんだな。はっきりいえば「ブス」さ。これを言うと兄貴はまじで不愉快な顔したけどね(笑)。テレビ時代になって渥美清に代表される、等身大の人気スターを視聴者が求めるようになり、兄貴には良い流れが来た。

――津川さんは二枚目ゆえに、テレビの時代になると流れに乗れなくなって。

津川:いや、テレビのせいなんて大袈裟なことじゃない。自信過剰での自滅にすぎない。日活から松竹に移ったのが致命傷になったね。この美しい顔さえあればどこでも通用すると思ってたが、ド下手だったからね(笑)。

 日活辞めるときは、後援会長の村上元三先生と幸田文先生に大反対された。「スターは客が担いでくれる神輿なんだ。自分で歩いてしまう神輿は興ざめだ。行っちゃいけない」って。これ格言だったなあ。案の定、松竹に行ったら1本目から見事に客が入らなかった。儚いアイドルの運命さ。

※週刊ポスト2011年9月9日号

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン