• TOP
  • 特集
  • 車内痴漢がなれそめのカップル ローカル電車で大胆プレイ

特集

2011.09.12 15:59  週刊ポスト

車内痴漢がなれそめのカップル ローカル電車で大胆プレイ

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は、食品会社勤務の24歳の女性からの告白だ。

 * * *
 夏休みに彼の故郷へ連れて行ってもらいました。彼のいっていた通り、田んぼだらけで本当に何もないところです。いちばん驚いたのは電車が2時間に1本しか走ってないこと。しかも2両編成で、ドアも閉まる時は自動だけど、開けるのは手動。さらに車両はガラガラで、気がつくと乗客は私と彼の2人だけ。草のむせ返るような匂いとカエルの鳴き声に包まれて、なんだかとっても幸せでした。

 そしたら彼、昼日中なのに横に座ってる私のスカートをたくしあげて、指でアソコをいじりだしたんです。身をよじって抵抗すると、「大丈夫。運転席から死角だから」って。結局、電車の中でディープキスから、ガタゴト揺られながらフェラ。そして電車を降りるとすぐ、駅のトイレで……。

 終わったあと、「ローカル・セックスっていいだろ」って彼。そういえば私たちって、会社の先輩の彼が朝、満員電車で挨拶しながら痴漢してきたのがナレソメだったっけ。思い出しちゃった。うふ♪

※週刊ポスト2011年9月16・23日号

関連記事

トピックス