• TOP
  • 特集
  • 外資系女性 翻訳サイト使いフランス語で不倫メールやりとり

特集

2011.09.14 15:59  週刊ポスト

外資系女性 翻訳サイト使いフランス語で不倫メールやりとり

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は、外資系会社勤務の28歳の女性からの告白だ。

 * * *
 初めての不倫。彼に匂いが移らないように、香水はつけないとか、彼の車から降りる時はコロコロで掃除するとか、切ないくらい気を遣ってます。極め付けは“会いたいメール”。

 なんと、フランス語でやり取りしてるんです。フランス語なんて全然わからないけど、ネットの翻訳サイトを使って、「早く挿れたい」「今夜はどんな体位で?」とか、いやらしい言葉がいっぱい。すぐ削除しちゃうから覚えられないのがとっても残念。

※週刊ポスト2011年9月16・23日号

関連記事

トピックス