• TOP
  • 芸能
  • 木下&里田 紳助の標的にならぬよう自ら恋愛相談もちかける

芸能

2011.09.14 07:00  女性セブン

木下&里田 紳助の標的にならぬよう自ら恋愛相談もちかける

 暴力団関係者と親密メールを交わしていたことが原因で、芸能界引退を発表した島田紳助(55)。自らの冠番組では、まさに“王様”として振る舞い、気にいらないタレントを排除して、気にいったタレントを“紳助枠“として自分の権限で起用してきたという。

 とはいうものの、紳助に嫌われるのも問題だが、気にいられすぎるのもまた問題だった。

「男やったら、いくつになってもスキあらばエッチするという姿勢は1%でも持ち続けないと」

 そんな信念を紳助は持っていたから、紳助枠の女性たちは常にターゲットだったといえよう。『クイズ!ヘキサゴンII』の女性メンバーも、そんな視線を感じていたようだ。ヘキサゴンファミリーの事情に詳しい芸能関係者はこう話す。

「当初番組では恋愛禁止がルールだったんですが、あるときから女性たちは、誰よりも先に紳助さんに恋愛相談をするようになりました。彼氏ができたら、事務所より先に報告する人もいましたね。ゆっきーな(木下優樹菜)とか、里田まいさんも早かったですよ。そうして、紳助さんの目が自分に向くのを回避していたんだと思います」

※女性セブン2011年9月22日号

関連記事

トピックス