• TOP
  • 芸能
  • グンソクの“日本人恋人”makimuは赤西仁の追っかけだった

芸能

2011.09.15 16:00  女性セブン

グンソクの“日本人恋人”makimuは赤西仁の追っかけだった

 女性セブン(9月8日号)がキャッチした、チャン・グンソク(24)とモデル・makimu(21)の熱愛。その後、『東京スポーツ』が、makimuをグンソクの“日本人恋人”と報じ、2か月前に韓国で開かれた食事会で出会い、交際に発展したと報じた。双方ともに交際は否定しているが、makimuの友人はこう証言する。

「出会ったのが2か月くらい前で、つきあったのは最近だってmakiちゃんはいってました。お互いに韓国語も日本語もできるし、“交際を真剣に考えていこう”っていわれたみたいですよ」

 そして女性セブンが報じたとおり、8月20日、東京・銀座にある高級ラウンジで、ふたりは急速に仲を深めたという。

 もちろん、makimuのことはグンソクの追っかけファンの間でたちまち噂になった。彼女は建築デザイナーの日本人の父と、医療機器関係の会社を経営する、韓国人とフランス人のハーフの母を持つセレブ。ファッション誌『EDGE STYLE』などで読者モデルとして活躍しているが、それ以上に『イチハチ』(TBS系)などでのお嬢様発言が注目を集めている。

「自宅に1000万円ほどのカラオケルームがある」「小学校時代のお小遣いは学年×1万円。高校生は20万円くらい」「引っ越しが趣味。こだわりは家賃100万円オーバー」「自宅のエステルームで週1エステをする」

 さらに追っかけファンの間では、彼女のこんな経歴話でもちきりだ。

「昔、赤西仁くん(27)の猛烈な追っかけだったんですよ。スタイル抜群のかわいいモデルだから、追っかけ仲間の間では有名だった。どこで調べたのか、仁くんの行くところに必ず現れてましたよ」(女性ファン)

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号

関連記事

トピックス