• TOP
  • 特集
  • 妻の出産時のムラムラ夫に義妹が「いいよ、私で」でHする

特集

2011.09.22 15:59  週刊ポスト

妻の出産時のムラムラ夫に義妹が「いいよ、私で」でHする

 男たるもの、妻にはいえない、墓場まで持って行くべき秘密や嘘の10や20はあるものです。大きな声ではいえないけれど、齢60を超えた今だからこそ語れる色懺悔。今回は、義妹とのたった1回の過ちに怯えるという81歳・元テレビ局員の男性からの告白だ。

 * * *
 31歳の時、女房が次女出産のために入院。実家で家事手伝いをしていた女房の4歳年下の妹が、我が家に泊まり込みで長女の世話をしてくれました。

 女房が入院して2日目の夜、私が遅く帰宅すると、義妹はリビングのソファでうたた寝をしていました。丸見えのパンティについ見とれていると、義妹が目を覚まし、「お義兄さん、ずっとお姉ちゃんとしてなくて、たまってるんでしょ? いいよ、私」というんです。

 そのまま義妹にリードされる形でセックス。私は興奮しすぎて、ものの1分で果ててしまいました。それからというもの、女房やお義母さんに告げ口されないか気が気じゃない。

 50年たった今もたった1分間の過ちに怯える日々です。

※週刊ポスト2011年9月30日号

関連記事

トピックス