• TOP
  • 芸能
  • 鶴瓶の番組に出演した被災地家族の安否気遣うメール多数

芸能

2011.09.25 16:00  NEWSポストセブン

鶴瓶の番組に出演した被災地家族の安否気遣うメール多数

宮城県塩釜市を訪れた鶴瓶と佐々木さん

 ぶっつけ本番の旅番組として人気を集めているNHK『鶴瓶の家族に乾杯』(毎週月曜午後8時~)。今年5月に放送した被災地の宮城県石巻市を訪れた「再会編」は大きな感動を呼び、今年の最高視聴率(5月30日放送、15.1%<関東地区、ビデオリサーチ調べ>)を記録したが、笑福亭鶴瓶(59)が再び被災地を訪れた。

 今年8月、鶴瓶と野球解説者の佐々木主浩さん(43)が、宮城県塩釜市を訪問(写真参照)。昨年9月に番組で訪れた際に出会った家族と再会を果たした。

 被災地へ行く2度の「再会編」は、鶴瓶が出会った家族たちに「会いたい」と熱望したからこそ、進められた企画だった。番組チーフ・プロデューサーの佐橋陽一さんが明かす。

「3月11日の震災の時に我々は番組の収録をやっていたんです。スタジオもすごく揺れまして、観覧のお客さんも避難させ、収録は中止になりました。その時、ニュース映像を見ながら、“石巻、塩釜のあの家族は大丈夫なのか?”と鶴瓶さんもぼくたちも気にしていたんです。それから、スタッフが出会った人たち全員の無事を確認しまして。鶴瓶さんは“もう一度会いにいきたい”とお話しされていたんです」
 
 その思いは、番組ファンの視聴者も同じで、震災直後から「出演した家族は大丈夫でしょうか?」というメールが番組には多く寄せられていたという。今後も、以前旅で出会った家族に会いに被災地を訪れる「再会編」を予定しているという。

 注目の宮城県塩釜市の「再会編」は9月26日、10月3日に放送予定。

関連記事

トピックス