• TOP
  • ライフ
  • 「みみずうどん」にハマった姑 3日に1回「作って」と懇願

ライフ

2011.09.26 16:00  女性セブン

「みみずうどん」にハマった姑 3日に1回「作って」と懇願

 嫁姑問題についての悩みは古今東西で尽きないが、昭和の時代、嫁と姑のバトルは信じ難いほど壮絶なものだったようだ。以前当サイトで紹介したが、岐阜県の主婦・良子さん(32・仮名)は、普段のいびりの仕返しで目の見えない姑に80匹のミミズうどんを食べさせるという投稿で、読者をあまりの気持ち悪さで身震いさせた。その後の展開を取材した記事を紹介する。(女性セブン1988年12月1日号より)

 * * *
<……姑はうどんに箸をつけるとツルツルッと音をたてながらほおばり、クチャクチャと噛み始めました。ミミズの内臓が姑の口の中にあふれました……>

 前回の投稿から4か月、山崎さんのお宅では、嫁姑戦争は熾烈な様相を呈して続いていた。記者が訪ねると、

「姑に知られたらたいへんですから」

 と渋る彼女をようやく説得して話を聞いたところ、麺類好きの姑(67才)は、“ミミズうどん”がよほどうまかったとみえ、それから3日おきにお昼になると、

「あのうどんにしておくれ」

 と注文するようになった。糖尿病でいくら視力が衰えたとはいえ、“知らぬが仏”もいいとこだと、良子さんはハラハラしながら姑の希望に応じた。

「おいしそうなフトミミズはなかなかいないんですよ。畑のあっちこっちを掘り返して、調達するのにひと苦労しちゃいました」

 こうして、都合4回、約300匹近いミミズが、にっくき姑の胃袋を満たしたという。7月の終わりごろだった。近所の農家へお茶をよばれにいって帰ってきた姑がこういった。

「世の中にゃ、ひどい嫁がいるもんだよ。『女性セブン』という本に書いてあったらしいんだが、姑に、うどん代わりにミミズを食わせたっていうんだ。バチ当たりな嫁だよ。

 それにくらべりゃ、あんたはまだましなほうかもねえ。やることなすことなっちゃおらんけど、うどんだけはうまいのつくるけんねえ」

 良子さんはドキリとした。そして、しばらく“ミミズうどん”はやめにした。

関連記事

トピックス