国内

財務省の隠語「ピッタシパンツ」「霊安室」「ざぶとん」の意

 いまや最強官庁として民主党政権を裏からコントロールする財務省。財務省には様々な隠語があることをご存じだろうか。いくつか紹介しよう。

【霊安室】忙しい予算編成時に泊まり込む仮眠室。別名「ホテル・オークラ(大蔵)」

【被告人席】閣議の説明者席

【ざぶとん】天下り先

【生活費】天下り先につける予算や補助金のこと

【ピッタシパンツ】予算の計算があうこと

【肩たたき】左遷・降格。最初は大蔵省用語だったものが一般化した

【刷新送り】新語。各省庁との予算折衝で「仕分け対象にするぞ」と脅す文句。「仕分け」が財務省の演出だったことがよくわかる

【シャビー】みずぼらしい宴会や接待を評する言葉。若手官僚は「ダサイ」と使わない

【熱海の温泉旅館】複雑な税制のこと。ヘンテコな改正で制度を“増改築”した結果

※週刊ポスト2011年10月7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス