• TOP
  • 特集
  • 24歳美容師 正座直後のHで足痺れてもアソコは感じると発見

特集

2011.10.06 15:59  週刊ポスト

24歳美容師 正座直後のHで足痺れてもアソコは感じると発見

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は、24歳美容師からの告白だ。

 * * *
 たってのリクエストで、浴衣で彼の部屋へ行ったの。女の子が浴衣姿で胡坐(あぐら)をかくのもどうかと思って、慣れない正座をずっとしてたのね。ところが、彼に「何飲む?」ってキッチンから呼ばれて立ち上がろうとしたんだけど、足が痺れて立てない。

「ちょっと待ってぇ~」「何やってんだよ!」

 短気な彼の声が荒っぽくなってきたんで、どうにかこうにか四つん這いのままキッチンまで行ったら、彼にめちゃめちゃ笑われた。

「早くおいでよ」って痺れた足をツンツンされて、思わず「ひッ!」っていったら、「ククッ。そのまま、そのまま」ってうれしそうに笑いながら後ろから浴衣をたくし上げて、アソコを中指でツーッと何度も。

 その指をカギにしてショーツの上から入れたり回したり。「ああ~ん」と思わずよがり声をあげたら、「足が痺れてても、ここは感じるんだ?」って、彼ったら意地悪。こんな恥ずかしいことさせられるんなら、胡坐のほうがよかったわよ。

※週刊ポスト2011年10月14日号

関連記事

トピックス