特集

最新特集記事のRSS

元々は加藤正行だった加藤鷹 芸名が気に入り本名も鷹に改名

2011.10.19 15:59

AV界には「カリスマ」と呼ばれる男優が何人かいるか、中でもその頂点に立つのが加藤鷹とチョコボール向井

AV界には「カリスマ」と呼ばれる男優が何人かいるか、中でもその頂点に立つのが加藤鷹とチョコボール向井の両氏。出演作品6000本以上という加藤と、チョコボール向井が対談し、芸名の由来を明かしている。

* * *
加藤鷹(以下「鷹」):オレは来年で50歳、AV男優デビュー25周年なんだ。出演作品と絡んだ女の数は……自分でも数えられない(笑い)。男優を始めたきっかけだって曖昧だしね。撮影スタッフとして現場に出入りするようになって、気づいたら女優の隣に寝てた。

チョコボール向井(以下「チョコ」):自分が男優になったのは1990年、23歳でした。鷹さんと初めて逢ったのは、『男優さんいらっしゃい』っていう僕のデビュー作なんです。このとき、鷹さんはすでにトップ男優でした。

鷹:あの頃、目立ってた男優といえばヒビやん(日比野達郎)やアサオちゃん(太賀麻郎)、それにミッキー柳井さんあたりかな。ところでチョコは最初、この芸名じゃなかったよね。

チョコ:名づけ親は、デビュー作を撮ってくださった斉藤修監督(※)です。

鷹:クンニが大好きで“なめダルマ親方”の異名をとった人だ。

チョコ:その斉藤監督から、「キンタマの裏まで日焼けして真っ黒、チョコボールみたいだ」ってことで付けてもらいました。当時は、日焼けサロンのモデルみたいな仕事もしてたんです。

鷹:オレも最初、加藤正行って本名で出演してたけど、いつしか鷹になった。この芸名が気に入って、今では本名も鷹に改名したんだ。

(※)舐められたら最後、女優は絶叫し、痙攣し、失禁するといわれるゴッドタンの持ち主。

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2011年10月28日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP