• TOP
  • 特集
  • 溜池ゴロー氏 「感じる?と聞くのはNG。痛くない?が正解」

特集

2011.11.13 15:59  週刊ポスト

溜池ゴロー氏 「感じる?と聞くのはNG。痛くない?が正解」

“セックスレス夫婦”にあなたはなっていませんか? 必要なのは、ちょっとした工夫です。ここでは、セックスの最中の“会話術”を学びましょう。

* * *
●「気持ちいいか?」と聞かずに、「気持ちいい」といおう

セックス中の会話で、「感じる?」とか「気持ちいいか?」と聞く男性も多いが、AV監督の溜池ゴロー氏によれば、これはNG。

「『感じる?』じゃなく、『痛くない?』か『強すぎない?』が基本です。女の人は『感じる?』と聞かれて、『感じてない』とは答えづらい。『痛くない?』って聞かれたほうが、正直に愛撫の強弱や痛みの有無を答えやすいんです」

また、「気持ちいい?」がダメなのは、自分の評価を得るための言葉だから。それよりも相手の気持ちを気づかう言葉のほうが大事だと溜池氏はいうのである。

溜池氏のハメ撮りAVを一度見て欲しい。そこには行為に及びながら、もう情けないほどにヨガりまくり、アエぎ、「キモチイイ」と漏らし、「凄いキレイ」、「めちゃくちゃエロイ」とささやく溜池氏がいる。男もこんなに快感を表現していいんだと目からウロコである。

「『気持ちいいか?』と聞かれるより、男性が『気持ちいい』といったり、『すぐイキそう』という反応をしてくれるほうがうれしいものなんです」(恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみ氏)

さらに、

「きみのカラダで気持ちよくなってる」

「いま、ふたりとも気持ちよくなってるね」

と、快感を共有することで、女の興奮はますます高まっていく。

「女性の性質には“役立ちたがる”というのがあります。『締まってる』『今までで一番気持ちいい』という言葉は、君のおかげでこんなに気持ちよくなっているということが伝わります」(理学博士で恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士)

※週刊ポスト2011年11月18日号

関連記事

トピックス