芸能

大塚キャスターが闘う白血病 5年以上生存の確率は30~40%

11月2日から『めざましテレビ』(フジテレビ系)を休養していた大塚範一キャスター(63)は、4日後の6日、突然、急性リンパ性白血病であることを発表した。

いまベッドで横たわる彼の首には管が繋がれ、そこから抗がん剤を投与する治療が行われているという。

急性リンパ性白血病とは、いわゆる血液のがん。いったん治っても再発するケースも多く、5年以上生存できる確率は30~40%と、決して高いとはいえない。

そんな大病にもかかわらず、大塚さんは、冒頭の電話で、「来年の3月4月には完全復帰したい」と力強く宣言した。だが大塚さんには、これから厳しい闘病生活が待っている。

2年にわたって、白血病と闘い続けたお笑いコンビ・カンニングの中島忠幸さん(享年35)の日記には、凄絶なまでの日々が綴られている。

<あまりの胃の痛みに次から次へと、ちがう医者がおなかを見に来る。しょっちゅうレントゲン。30秒おきにやってくるふくつうを、もう何時間たえたかわかんなくなってきた>(2004年12月21日)

また2006年に大塚さんと同じように急性リンパ性白血病を患いながらも、闘病9か月で克服した千葉県がんセンター・植田健医師は抗がん剤治療の苦しみについて、こう振り返ってくれた。

「抗がん剤の副作用で、吐き気が強くて食事ができないときもありました。また毛も全部抜け落ち、顔も水ぶくれのようにパンパンに膨れあがりました。不安から眠れない夜もありました。でも悪いことが頭に浮かんだら、その思考はいったん断ち切って、いいことばかりを考えるようにしました」

客観的に事実と向き合い、病気と闘ったことが植田医師を生還させたという。

※女性セブン2011年11月24日号

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
キャンプで日ハムの選手とコミュニュケーションをとる西川(時事通信フォト)
楽天西川だけじゃない!某若手選手もひた隠す「プロ野球選手の結婚」令和な事情
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
ライブ配信では軽やかに話す稲葉の母(右。写真はインスタより)と、稲葉(左)
B’z稲葉浩志の母、化粧品店経営でネット駆使の辣腕 ライブ配信も大人気
女性セブン
初めて単身で伊勢参拝に臨まれる(9月、東京・港区/宮内庁提供)
悠仁さま「愛子さまより先に伊勢参拝」で崩れる序列 天皇家と秋篠宮家の間に溝か
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
結婚を発表したばかりの弘中綾香アナ
弘中綾香アナ、結婚相手は「大阪出身のコテコテの関西弁を話す人」、新しい名字も局内にメールで報告
NEWSポストセブン