• TOP
  • 特集
  • 京女の押えつけるようにもらす声のよさ「妙なる音楽のよう」

特集

2011.11.16 15:59  週刊ポスト

京女の押えつけるようにもらす声のよさ「妙なる音楽のよう」

全国の女性に体当たりした役者・殿山泰司によると、「オンナというのは、生まれ育った土地によって、アソコがひどくちがう」。その研究の集大成が『日本女地図』だ。刊行から42年、“伝説の名著”の抄録をお送りする。例えば、京都府はこうだ。

* * *
【京都府】
出身有名女性:中村玉緒、紫式部
女性器の呼称:オメコ、オソソ

…磨けば磨くほどよくなる素質を、京オンナは持っているんだ。であるがゆえに、ヒトサマがいろいろと手をつくして、練りに練ってくださったアトを、じっくりいただくのがいちばんいい。

…とくに、京オンナの、押えつけるようにもらす声のよさは、妙なる音楽のようである。たいていの京オンナは、かんにんしてェ、かんにんしてェと声をあげるんだが、何をかんにんしてやればいいのか、さっぱりわからない。わからなくてもいいんだ、心配することはない。陰毛は、平均よりやや薄い方であります。

※週刊ポスト2011年11月25日号

関連記事

トピックス