• TOP
  • 特集
  • SEX拒否人妻 夫との行為中、夕飯の献立考え終わるの待つ

特集

2011.11.20 15:59  女性セブン

SEX拒否人妻 夫との行為中、夕飯の献立考え終わるの待つ

 ドラマ『セカンドバージン』のヒットなど、アラフォー世代のセックスに関して関心が寄せられている。そこで、セックスをしている人、したい人、したくない人、4人の座談会参加者に本音を聞いた。

 * * *
Dさん(45才・介護ヘルパー):「今日はセックスに関してのぶっちゃけトークだって聞いたんだけど、私、離婚したあとにつきあっていた彼にフラれてからご無沙汰だから、かれこれもう2年ぐらい“蜘蛛の巣”が張ってる状態なんだよね~(笑い)」

Aさん(46才・会社員):「Dさんは、私と同じシングルマザーだから気持ちがよくわかる。私は友達の紹介でなんとかいまの彼と知り合ったけど、確かに40才過ぎた子持ちの女性は男性と出会うチャンスがないのよね」 

Bさん(40才・専業主婦):「そういいながら、12才も年下の彼をゲットして幸せいっぱいなクセに!(笑い)」

Aさん:「確かにいまは幸せいっぱいかも~ 2年前、離婚するまで悩まされた更年期障害もウソのように解消したし」

Dさん:「年下男の威力ってすごいんだね。どれぐらいのペースでしてるの?」

Aさん:「週末、彼が遊びに来たときだから週1かな」

Bさん:「うちはふたり目の子になかなか恵まれなくて、半年前から不妊治療してるの。だから毎月1回」

Cさん(40才・パート):「うちは完璧なセックスレス夫婦。私はできることなら一生、したくないんだけど、夫のほうは我慢に限界があるみたいで…。半年に1回はやむをえず、受け入れてる」

Dさん:「信じられない。どうして嫌なのにするの? 旦那さんのご機嫌をそこねると毎月の生活費シャットダウンされちゃうからとか?」

Cさん:「まぁそんな感じ。完全な義務よね。だからもちろん感じることもないし、ひたすら目をつぶって相手が早く終わってくれるのを待つだけ。“明日の夕飯、なんにしようかな”なんて考えてる(笑い)」

Aさん:「うちも元旦那とずっとそんな感じだった。ある意味、主婦のお仕事みたいなもんよね」

Cさん:「そう。普段はとにかく夫の下半身を刺激しないよう、スカートもはかないし、下着も見えるとこには干さないようにしたり、大変」

※女性セブン2011年12月1日号

関連記事

トピックス