• TOP
  • 特集
  • 「巨乳女性は感じにくい」「胸揉まれると大きくなる」の真偽

特集

2011.11.21 15:59  女性セブン

「巨乳女性は感じにくい」「胸揉まれると大きくなる」の真偽

「鼻が大きい男性はアソコが大きい」「乳首の黒い人は遊んでる」などなど、真偽不明のセックスに関する噂。その真偽を確かめるべく、成城松村クリニック院長で婦人科医の松村圭子さんに聞いてみた。

 まず、胸が大きい女性は感じにくいとの説。これは本当なのか?

「本当です。おっぱいで感じる部分は、体の深いところにあるので、胸が大きいほど脂肪が厚いため圧力による快感からは遠ざかります。つまり、巨乳ほど感度が鈍いといえるんです。しかし、感度はおっぱい全体よりも乳首のほうが高く、気持ちの部分も大きい。この点に関しては大小の差はありません」(松村さん)

 足首がキュッと締まっている女性は、膣の締まりもいいともいわれるが、これについて松村さんはこう語る。

「本当です。運動している人は余計な脂肪が蓄積されず、下半身の筋肉も鍛えられるため、足首がキュッと引き締まってきます。膣を支える筋肉も自然と鍛えられている状態に。日ごろからウオーキングをしたり、外出時にハイヒールを履くのも効果的です。また、運動はしていないけれども、そもそも足首が引き締まっている人は、体質的に下半身の筋肉が発達している場合が多いので、同じく膣の締まりがいいといえるでしょう」

 そして、女性は胸をもまれると大きくなるなんてものも。これは?

「本当です。性的刺激を受けると脳から“プロラクチン”というホルモンが分泌されます。このホルモンは乳腺を育てる働きがあるので胸の成長に効果的。また、胸をもまれる行為は、マッサージ効果もあるといえます。その点から胸はもまれると発達するともいえますが、もまれなくても遺伝や体質により胸が大きい女性もいます」(松村さん)

※女性セブン2011年12月1日号

関連記事

トピックス