• TOP
  • 特集
  • 「5年間Hをしないと処女膜が再生する」説はウソと婦人科医

特集

2011.11.22 15:59  女性セブン

「5年間Hをしないと処女膜が再生する」説はウソと婦人科医

 巷でまことしやかに囁かれるセックスに関する噂たち…。その真偽を確かめるべく、成城松村クリニック院長で婦人科医の松村圭子さんに聞いた。

 官能小説などに登場する女性器の「名器」は実在するってホント?

「ホントです。“数の子天井”とか“ミミズ千匹”といわれる名器は存在します。それは男性器を吸い込むようであり、吸着力もすごいと聞いたことはあります。でも、そういう人は数百人?千人にひとりぐらい。だいたいの人は普通です。しかし、名器はパートナーと作っていくもの。相性や体位によって気持ちよさが変わってくるので、ふたりで研究してみては」

 5年間セックスしないと処女膜が再生するなんて話もあるが…、

「ウソです。あり得ません(笑い)。よく蜘蛛の巣が張るともいいますが、そういうものではないですね。一度貫通したらそのまま。ただし、長年まったくしないと、萎縮をして膣が狭くなってしまうことがあります。しかし、それは更年期以降の話。40代ぐらいではまだ関係ないでしょう」。

 女性の二の腕のたるみは、胸のやわらかさと同じという説にはこう答えた。

「ホント。二の腕は本来、脂肪がつきにくい部分ですが加齢や運動不足によって“振り袖”のようなたるみが出てしまいます。このたるみはほとんどが脂肪。胸も約90%が脂肪です。つまり、いっしょの成分。当然、やわらかさは同じです」

※女性セブン2011年12月1日号

関連記事

トピックス