• TOP
  • 特集
  • “お父さん・お母さん”と呼び合う夫婦 Hのテンション低下

特集

2011.11.23 15:59  女性セブン

“お父さん・お母さん”と呼び合う夫婦 Hのテンション低下

 女性セブン読者による「セブンズクラブ」でR40女性にセックスに関するアンケートをとったところ、「したい」と答えた女性は33.8%、「したくない」は24.3%、「どちらでもない」は41.9%という結果になった。どうやら「したい人」「したくない人」いろいろあるようだが、その本音はどうなのだろうか。それぞれセックスに対する異なる考え方を持つ4人のR40女性で座談会を開催した。

<座談会に参加した女性>
「相手がいてしている」Aさん(46才、会社員)
2年前、夫の暴力などが原因で離婚。現在、交際中の彼はひとまわり年下。週末のデートでは、時折、外食に出かけたりラブホで過ごすなど、恋人気分を忘れないよう心がけている。

「相手がいてしている」Bさん(40才、専業主婦)
長女を出産後、ふたり目の不妊に悩み半年前からタイミング療法を開始。ともすれば義務的になりがちな夫婦の営みだからこそ、夫婦ふたりの時間を楽しもうと心がけている。

「相手がいるがしたくない」Cさん(40才、パート)
子育てに追われ、気がついたときには夫との交わりを避けるようになっていた。半年に1回、仕方なく応じるが、最近はそれさえも苦痛に。

「相手はいないがしたい」Dさん(45才、介護ヘルパー)
15才年上の夫とはふたりの子供をもうけたが、7年間の別居生活の後、離婚。結婚生活のほとんどはセックスレスだった。離婚後に交際した男性は都合よく体を求められるだけで、破局した。

 * * *
Cさん:私の友達なんだけど、ふだんはめちゃめちゃ仲がいいのにセックスはもう8年以上もしていないっていう夫婦がいるのよね。

Bさん:よく聞くけど、それって私的にはけっこう疑問なのよね。仲が良ければたまにはセックスになる雰囲気になってもいいと思うけど、そうならないのかな。

Aさん:家族になっちゃうと、男の人は特に、新鮮味がないと思ったり近親相姦してるみたいに感じてセックスできないっていう人もいるみたいよ。

Dさん:もう、女として見られないんじゃないかな。子供が生まれるまでは名前で呼び合ってたのに、“お父さん”“お母さん”ってなっちゃったらセックスのテンション下がったって話も聞く。

Aさん:子供の将来を考えて、私もずっと仮面夫婦を続けて行こうって思ってたけど、無理だったな。

Bさん:子供の将来のため、っていってると、もうセックスなんて無理よ。

Dさん:やっぱり、多少は関白でも家のなかでリーダーシップをとってくれる男のほうがセックスアピールを感じるんじゃない?

Cさん:でも、うちはそろそろ限界かなぁ~。

Aさん:とりあえず、別居してみるとか段階を経てみたら? 例えば、部屋じゃなくてどこか別の場所で会ってみるとか。私もね、マンネリにならないようにいまの彼とはたまにラブホに行ったりしてるの。やっぱり、1度失敗してからその辺は工夫するようにしたのよ。

Bさん:いまからなら、まだ修復できるかもしれないし。うちは目的が不妊治療だから、どうしても“今日、やるよ!”って感じになりがちなんだけど、でも、そこで義務っぽくならないようにお酒を飲んでムードを盛り上げたり、お互いに気持ちを楽しむ方向にシフトさせるようにしてるの。Cさんは、旦那さん以外の男性ならセックスしたいと思ったりは?

Cさん:好きになった男性とならしたいかも…。ママ友のなかには旦那さんと性的な相性が合わなくて、出会い系サイトでセフレを見つけてる人もいるけど、私は恋愛感情がないと無理。

Dさん:でもさ、不思議なものでセックスしなくなると急激に性欲って低下するのよ。彼がいたときは、“もう、エッチなしの人生なんて考えられない!”なんて本気で思ってたもん(笑)。

Bさん:したくなるときとかってないの?

Dさん:前に比べたら減ったけど、生理前になるとムラっとする。でも、相手がいないから、ついに電マ買っちゃったわよ~!(笑)。

Aさん:あれ、通販とかでもすっごい人気よね。

Dさん:けど、ろくでもない男性に都合よくされるよりはマシかな。当分、お世話になるわよ(笑い)。

Cさん:いろんな選択肢があるし、私もゆっくり考えようっと。

Bさん:セックスのことってなかなか人に話せないけどみんないろいろ考えたり悩んでたりするのよね。パートナーと相性もよくて、セックスを楽しんでる人はほんと幸せよね。

※女性セブン2011年12月1日号

関連記事

トピックス