芸能

石川秀美 サッカー・スペイン2部入りした次男とスカイプ会話

 単身でスペインに渡り、サッカー・スペイン2部リーグのサバデル・ユースに入団して話題の薬丸裕英(45)と石川秀美(45)の次男・隼人くん(18)。

 隼人くんは現地の高校に通いながらサッカーを続け、家事や食事もすべて自分でやっている。生活に必要とはいえ、すでにスペイン語も英語もペラペラだ。

 薬丸がこう語る。

「ヨーロッパで高校を卒業するというのが私たちとした唯一の約束です。学校を決めたのも本人ですし、スペインからイングランドの学校に編入させてもらう際にも、本人が全部ひとりで校長先生とやりとりをしていました」

 とはいえ、隼人くんは両親に弱音を吐いたりすることはなかったのか。

「次男はプラス思考なんで、やっているときには絶対に弱音を吐かない子なんですけど、後から“あのときはこうだったんだ…”なんてポロッていうことはありますね。そこで“あぁ、そうだったんだ”って…」(石川)

 そんな秀美はいま離れて暮らす隼人くんとはネットを使い連絡を取っているという。

「しばらく連絡がないと心配で、思わずこっちから“元気?”ってスカイプしちゃうんです。スカイプなら顔を見ながら話せますしね」(石川)

 隼人くんに薬丸夫妻はどんな育て方をしてきたのだろうか。

「ぼく自身、いまになって“もっと勉強しておけばよかった”とか後悔している部分はたくさんあります。ただ過去を振り返っても変えられないですが、未来は変えられるので、その自分が歩んできたことは子供たちにはしっかり伝えて、彼らが、自分たちで決めた道を選べるような環境を作るのが親の役目だと思います」(薬丸)

※女性セブン2012年2月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン