• TOP
  • 特集
  • 挑戦好き28歳女 白の木綿パンツに挑戦しフェチ男の要求受諾

特集

2012.02.18 15:59  週刊ポスト

挑戦好き28歳女 白の木綿パンツに挑戦しフェチ男の要求受諾

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は不動産勤務の28歳の女性からの相談だ。

 * * *
「人生はチャレンジ。前向きに生きなくちゃ」と居酒屋で気勢を上げたら、「なら、いっていい?」と50歳の彼が私の目を覗き込んだの。聞いたら、今時のオシャレな下着が嫌いなんだって。脱がして紫色のフリフリとか赤いTバックなんか見ちゃうとドン引きらしい。

 では何がそそるかというと、「昔ながらの白の木綿のパンツ」。「今、平成24年だよ。そんな昭和なパンツ、どこにも売ってないって」というと、「そっかァ。だよなァ」って悲しそうな顔するの。だから子供用の下着売り場で探して買ってみたんだけど、いくら私が痩せ型でもキッツキツ。お尻なんてハミ尻どころじゃなくて、逆に卑猥なの。

「やだァ~」ってアソコを隠そうとしたら彼、私の手を払いのけてアソコのふくらみをパンツの上から揉んだり、指を入れたり割れ目をなぞったりと、さんざんナブッてから大事そうに脱がしてきた。で、挿入ってきたら「おお! キッツキツでオレのアソコも喜んでるぞォ。やっぱり人生チャレンジだァ~」って叫びながら果てた。ウフッ、おバカな男。

※週刊ポスト2012年2月24日号

関連記事

トピックス