コラム

最新コラム記事のRSS

美白で後悔しない!国が認めた成分が2つ配合された美溶液

2012.02.22 16:00

「これといって大きな肌トラブルがない」という方も、意外と小さなシミにストレスを感じているのでは? 年

「これといって大きな肌トラブルがない」という方も、意外と小さなシミにストレスを感じているのでは?

年齢や肌質を問わずに悩むシミ対策には、前回お伝えした美白成分“α-アルブチン”が効果的。そこで今回は、メラニンの生成を抑える働きが強いα-アルブチンが11%とたっぷり配合された『ブリリアントエッセンス』についてお送りします。

ところで皆さん、世の中に美白化粧品が多数あれど、国が認めた美白の効能を持つ成分は9つしかないって知ってました?

ブリリアントエッセンスにはその9つの成分のうちなんとふたつも配合されているのです!

 

■ブリリアントエッセンスに含まれている成分とは?

(1)美白とうるおいを同時に叶える“APPS”

まず、“APPS”という成分。この成分は、水溶性ビタミンC誘導体の“即効性”と、油溶性ビタミンC誘導体の“浸透性”を両方持ち合わせた、話題の新しい成分。最近よく聞く“活性酸素”を除去したり、過酸化脂質を抑制したりしてくれる効果があります。

またビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑えてくれますが、ブリリアントエッセンスのビタミンC誘導体は、ミクロで高度な浸透力なので、新鮮なまま肌の奥まで届くことがポイント。

さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きも! コラーゲンは肌の弾力をアップさせるのに欠かせない成分。1本で美白だけではなく、うるおいのあるキメ細やかな肌に近づけるというわけです。

ちなみにこのビタミン誘導体とα-アルブチンは厚生労働省から認可を受けた成分9つのうちのふたつであるため、ブリリアントエッセンスは美白の効能を伝えることを許されている“医薬部外品”に該当します。

医薬部外品とはつまり、化粧品よりも有益なもの。または、“人体に何らかの改善効果をもたらすもの”。このようなものであると認められているので、他の美白化粧品と違い、本当に“メラニン色素生成を抑えることにより日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ”ことができるのです。

ついでに補足すると、厚生労働省が認めている美白成分の残り7つは、エラグ酸、ルシノール、リノール酸・リノール酸S、カモミラET、t-AMCHA(トラネキサム酸)、プラセンタエキスになります。

 

(2)皮膚を落ち着かせる“エーデルワイスエキス”

次に知っていただきたい成分は、エーデルワイスエキス。これは抗酸化作用、細胞保護作用、消炎作用、抗菌作用のある成分として知られています。

エーデルワイスエキスは強い紫外線や、低気圧、極度の寒暖の差や湿気などの変化にさらされてきた土地で育ってきました。そのため、進化の過程で自己防衛のために多くの代謝物質を発達させたと言われています。

古くから伝統医療でも使われているという優れた植物から抽出したエキスで、科学的にも皮膚鎮静効果は裏付けられており、ストレスを受けた敏感な肌を治癒し、抗酸化を促してくれるのだとか!

実はブリリアントエッセンスは、日本のなかでも、一年の多くの間、強い紫外線にさらされる地域である沖縄に住む人々に愛用されているアイテム。含まれている成分について知れば知るほどその事実にも納得です。

 

■肌にピンと膜が張ったようなテクスチャー!

使い方は、洗顔の後にスポイトから一滴垂らして顔全体にのばします。その後、20~30秒くらいで、肌が「ピン!」と膜を張ったように変化! ブースター(=導入美容液)としての使い方が特徴ですね。

また、一般的な保湿化粧水や美容液はつけ心地がしっとりしますが、この高濃度美容液は、しっとりというよりは“ハリ感”が凄い!

独特の使用感に驚く方も多いのではないでしょうか? フェイスラインや目もともキュッと上がったような感覚が得られます。

その後、通常のお手入れと同様に、化粧水や美容液、クリームなどを塗れば完了。朝のメイク前に使うと、メイクのノリもよくなり、肌が目覚めたような感覚になりました。使うたびに、明るく弾力のある肌へ導いてくれます。

今できているシミ対策にはもちろん、将来できるシミ予備軍を抑えるためにも、そして肌のハリをアップさせるためにも、『ブリリアントエッセンス』を、ぜひあなたの肌で試してみてくださいね!

 

【参考】

※ 株式会社リバース『Blanc Blanc ブリリアントエッセンス』

 

【あわせて読みたい】

※ 知識不足の人は要注意!本当にいい「美白成分」の見分け方

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP