• TOP
  • ライフ
  • オリンパスのデジタル一眼 屋台骨折れた会社の現場力を証明

ライフ

2012.03.28 16:00  NEWSポストセブン

オリンパスのデジタル一眼 屋台骨折れた会社の現場力を証明

デジタル一眼「オリンパスOM-D」を解剖

 3月31日発売予定のデジタル一眼「オリンパスOM-D」(E-M5のボディ予想実勢価格約10万円)を、ネット文筆家の奈良巧氏が、発売前に1週間試用してみた。最大の特徴は、なつかしの銘機「OMシリーズ」と酷似していることだという。以下は、奈良氏の報告だ。

 * * *
 ご存じの方も多いとは思うが、「オリンパスOM-D」は屋台骨の傾きまくった、いやぽっきり折れたオリンパスという会社の中でも、ただひとつ光る希望のようなマシンだ。経営陣が大迷走の会社でも、現場が頑張ればちゃんとした製品が打ち出せる。こういう奇跡のような事態が起きていることを教えてくれる。

 最大の特徴は、なつかしの銘機「OMシリーズ」と酷似していること。これは、この製品に昔からのカメラファンが興味を持ついいフックになっている。

 しかし、当たり前だが、製品の内容は新旧ずいぶんと異なる。

 昔の「アナログ一眼レフ」はフィルム面の前にミラーがあり、レンズを通して入って来た光を真上に上げ、そこにある5角形のプリズムで上下左右の正しい画像にして、ファインダーに表示をしていた。

 最新の「デジタル一眼」は、ミラーが無い。フィルムも無い。そのかわりにフィルムの部分には「撮像素子」がどーんと居座っている。

 この「撮像素子」に入って来た光は、デジタル信号に変換されるわけだが、このデータが、ファインダー部分の中にある、切手より小さい液晶画面に表示されて見ることができるのだ。

 最新のデジタルカメラにはこの「ファインダー」が無いものが多く、両手を突っ張ったような姿勢で本体背面の液晶を見ながら撮影しなくてはいけなかったのだが、これが老眼気味の眼には辛かった。

 この「液晶ファインダー」がまるで昔の光学ファインダーを覗いているようなイメージで使える。これが「OM-D」最大の美点だ。

 筆者所有のデジカメの液晶ファインダーは20万ドット程度だった。「OM-D」のファインダーは本体背面の液晶の真上に鎮座。なんとこの「覗くファインダー」は144万ドットある。

 もう、デジタルのファインダーか、アナログのファインダーかの違和感が消滅している。そこまで、デジタルが進化したわけだ。

 唯一、気になったのはバッテリーの持ちだ。試用機だけの問題かもしれないが、ルミックスなどに比べて明らかに持ちは悪い。しかも電池マークが「満充電」マークになっていても、1時間も撮影をしていたらいきなり「最低充電量」マークに落ちていたこともあった。

 販売当初にその不良が解消されるかどうか、その部分は注視したほうがいいだろう。現状のままだとしたら、バッテリーは2個所有して、常に満充電のバッテリーを持って歩くべきだ。

 また、レンズキットとなっている12?50mmズームレンズ(予想実勢価格3万円弱)のマクロ性能は抜群だ。暗くてばかでかいレンズではあるが、ルミックスユーザーの筆者も単体購入をしたいと考えている(レンズマウント共用なのでルミックスでも使える)。

関連記事

トピックス