国内

逃亡中の菊地直子 ノートに男性信者たちとの性生活記録した

 オウム真理教の出家信者としてサリン生成に関与し、殺人罪などの容疑で指名手配され、17年もの逃亡生活の末に逮捕された菊地直子容疑者(40才)。その足取りが最後に確認されたのは、1996年11月中旬まで潜伏していた埼玉県所沢市のマンションの一室にあるアジトだった。

 ここで生活していたのは、特別指名手配犯として現在も逃走中の高橋克也容疑者(公証役場事務長逮捕監禁致死の実行犯、54才)を含む男性信者4人と、女性は菊地容疑者1人。警察がこのアジトに踏み込んだときには、保温状態のままの炊飯器や食器類が散乱しており、風呂場には女性の下着が放置されている状態だった。室内は、5人が生活するために居住空間が段ボールで5つに仕切られていたという。

 すでに菊地容疑者らの姿はなかったが、そこには彼女の小さなメモ帳のような「ノート」が置かれたままになっていた。そのノートに綴られていたのは、「警察に出頭するか、逃走を続けるか」の葛藤のほか、菊地容疑者の性に対する生々しいまでの欲求や複数の男性への愛情だった。

 まず名前を挙げられた男性は、アジトで共同生活を送っていた元信者M(ノートでは実名。45才。以下、服役後、すでに釈放されている元信者についてはイニシャルで記す)。Mへの思いからか、彼女はふたりでの逃亡生活を想定して、こう記している。

<逃げる為には性欲を利用してもいいんだという考えに走ることになり、Mも私も性欲とたたかおうとしなかっただろうから、そこで二人の関係が成立してしまい、(中略)性欲の捨断ができない>

 教団の教義では、セックスは「破戒」とされ、性欲は「邪悪なもの」とされていた。しかし、教祖は逮捕され、彼女の信仰は大きく揺らぎ始めていたのだろう。20代、30代の男女が肩を寄せ合って生活するなかで、自分の中の性欲を見つめざるを得なくなるのは当然だったかもしれない。

※女性セブン2012年6月21日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン