コラム

3つ当てはまったら要注意? “干物女度”をチェックしてみよう

Photo: James Woodson / thinkstock

2007年に日本テレビ系列で放映された人気ドラマ「ホタルノヒカリ」の映画版が、今日から全国で公開される。

今回の映画の舞台は、イタリアのローマというおしゃれな設定。2010年放映の「ホタルノヒカリ2」でめでたく部長とゴールインした蛍の“その後”が、コミカルに繰り広げられる。綾瀬はるか&藤木直人のゴールデンコンビに加え、松雪泰子や手越祐也ら豪華キャストが出演して映画を盛り上げるとのことで、目が離せない。

綾瀬はるか演じるヒロイン・雨宮蛍の代名詞といえば、恋愛を半ば放棄してぐうたらに過ごす“干物女”だ。“共感できる”と多くの女性の支持を集め、2007年度の流行語大賞にノミネートされるまでに。

あれから5年、リアル日本社会に干物女はどれくらい存在しているのだろうか。Twitter上では、

「あたし干物女の代表格です」
「友達と親に干物女って言われたわ」
「脱干物女したい」
「彼氏がいても干物女です」

と、相変わらず多くの女性が自らの“干物ぶり”をカミングアウトしている。さらに、「本日、わたくし、干物女です」とシーンによって干物になる場合や、「綾瀬はるかが干物女なら、私はただの干物」と自虐に走るケースもあり、一言で干物女といっても幅が広がっていることが分かった。

「はてなキーワード」の「干物女チェック」によると、以下の項目のうち3つ以上で要注意、5つ以上で干物女確定するとのこと。

・メールの返信が極端に短い&遅い
・簡単な食事なら台所で立って食べる
・最近ドキドキしたのは階段を駆け上がったときぐらい
・「めんどくさい」「てきとー」「ま、いっか」が口癖
・忘れ物は靴を履いたまま、爪先立ちで部屋に上がって取りに行く
・休日はノーメイク&ノーブラ
・うっかり半年ほど美容院に行っていない
・脱毛は夏しかしない
・一人で居酒屋、寿司屋に入れる

当てはまる項目が多くてドキッとしても大丈夫。逆に考えると、これらの行動をしないように気をつければ、干物女から脱却できるわけだから。ただし、映画でキュートな綾瀬はるかを見た場合、「干物女も悪くない」と開き直ってしまう可能性があるので、そこは注意が必要だ。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト