• TOP
  • 特集
  • 東大女子 精液を「栄養ドリンク感覚で飲んでましたね(笑)」

特集

2012.06.09 15:59  週刊ポスト

東大女子 精液を「栄養ドリンク感覚で飲んでましたね(笑)」

 高学歴女性というと、性的には奥手というイメージを持たれる方も多いかもしれないが、果たしてそうなのか? 高学歴女性の最高峰というべき「東大女子」。彼女たちがどんなセックスをしているのかを調べたレポートがある。2008年に出版された、現役東大生100人の証言と実態をまとめた『東大生たちの「性」』(KKベストセラーズ)では、勉強熱心な彼女たちがセックスの“研究”と“実践”に励む実態が浮き彫りになった。

「彼氏がいる」と答えた学生のセックスの頻度は「週2~3回」が43%で最多。「週4回以上」も18%いた。東大生同士のカップルというある学生は、「どうしても我慢できないときは街を歩きまくって、ビルの谷間で、みたいなこともあります」(教育学部3年、以下「」内は同書から引用)と語っている。

 好きな体位は「正常位」が多数だが、なかには、

「女性上位とか興奮しますよ。あと、ヘンタイっぽい体位も、頭的に興奮できて好き」(経済学部4年)

「ヘンタイという言葉が“性的にクリエイティブ”なことを指すのならば、私たち東大生は当然、日本一ヘンタイな階層に属する人間ということがいえるでしょう。人間は結局、恋もセックスも頭でやってるわけです」(文学部4年)

 という自己解説も。同書は東大女子は「貶められたい」「汚されたい」という被虐的願望が強いとも分析する。その理由として東大女子の「精液ゴックン率」「顔射され率」が驚くほど高いことを挙げる。

「必ずゴックンさせられましたね。“東大の女に自分の精液を飲ませるのってすっごい征服感がある”っていってました。私も中出しされるよりましかって感じで、ほとんど栄養ドリンク感覚で飲んでましたね(笑)」(文科三類2年)

※週刊ポスト2012年6月15日号

関連記事

トピックス